MENU

さなたかDRSSTC制作記(VU200)

どうも。さなたかです。

1年前くらいから作っていたDRSSTCがいいかんじになったのでまとめておこうと思います。

あまり昔の画像が残っていないので文字多めかもしれません。

制作開始直後の様子。

CM300HA-12Hのハーフブリッジで放電数cmしか出ず悩む。

しばらくいじるものの解決せず放置。

去年夏ごろ。

文発用にSGTCとして組んだ。

2MOTのわりに出てるが、共振コン(電子レンジコン)が貧弱すぎて昇天。

肝心の文発では50cm程度の放電に留まる。

制御回路作り直し

よくあるやつですね。

CM150のフルブリッジに変更

なぜかすんなり動いた。

どうやらゲート電圧がかなり重要になるらしい。

もうちょっと放電ほしいからIGBT交換

なんか見覚えありますね。

https://twitter.com/tamagosan32768/status/919849743005622273

そういうことです

放電は伸びたものの、ゲートドライバが壊れる壊れる。

やけくそになってこんなものを。

IR4427→IRFP460フルブリッジ→アクアIGBTフルブリッジという構成。

位相ズレズレだけど動いたのでよしとしましょう。

安定して動くようになった。

完成

まだフルパワーで動かしたことはない。

置く場所も動かす場所もないのでもう当分テスラはやらないと思います。

もしかしたらつくば科学に寄贈することになるかも?

文発には持っていけないので倉庫に仕舞っておきます。

いつか動かせるといいですね。

それではまた。

コメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP